ブログ

日本人の20代。88%がfacebookをしている・・・!?

『facebookは30代から40代が使っている』

そう何かの記事で見たことがありました。

そして2011年に流行ったのが6年前であり
当時の25歳は今31歳ですからね。

当時10代~20代前半の人が、いまもfacebookをやり続けているとはちょっとありえないかなとも思いますし。

しかし総務省の調査だと、まったく違った現実が見えてきます。

なんと20代のうち51%がfacebookをやっているというのです。

以前どこかで「若い人は使っていない」という情報を目にしたのですが、随分と状況は違うようです。

ではここで「facebook広告ではどうか?」を調べてみました。

 

facebook広告では、対象を指定するとリーチできる人数が出てきます。

対象を20代にすれば、リーチできる人数
つまり20代のアカウント数が出ます。

やってみました。

これが20代のアカウント数

日本でfacebookをやっている20代は
1,100万人もいるらしいですね。

・・・しかし日本の20代の人口は
1,250万人です。

ということは日本の20代のうち88%がfacebookをやっていることになります。

・・・ありえないですよね。

結局、facebookは若い人は使っているのか?

総務省は「20代の半分(600万人)がfacebookを使っている」
facebookは「facebookに、20代は1,100万人いる」と言っている。

データが全然違うわけですが、おそらくfacebookが怪しいと思います。

そりゃあそうですよね。20代の88%が
facebookをやってるとは思えません。

では嘘をついているのか?

さすがに世界トップレベルのIT企業。

堂々と嘘をつくとも思えませんからおそらくこれは
「大量の架空アカウント」が含まれていたり
「アカウントだけとった」だけの人が
たくさん含まれているのではないでしょうか。

それにしても多すぎる気がしますが・・・どういう算出方法なんでしょうね。

でもまぁ、それなりに利用している人となると
やはり総務省の51%が正しそうです。

ただこの51%もどうなんでしょうね。
それでも感覚よりもかなり多いですね。

個人的には20~30%程度の感覚でした。

とはいえ、同じ調査方法で30代とか40代、50代もデータを算出しているわけです。

全年齢の中で20代がもっとも多い数字ですから
「20代が一番facebookを使っている」について
は正しいと思います。

だからといって
「facebookで集客するなら20代向けのビジネスがいい!」
というわけでもありません。

なぜなら払えるお金の基準が違うからです。

30代から40代前半となると子供にお金がかかるし
となると子育てがひと段落つくであろう40代後半が
もっともお金を払いやすいといえるでしょう。

20代の人口は確かにfacebookには多そうですが
リーチできる人数だけでは、ビジネスの対象は決めることはできません。

やはり自分と似た年齢を対象にするとよさそうです。

なぜなら感覚が似ているからです。

感覚が似ているので、おかしなコンセプトの商品
にならないし、心に響く文章も書けるのです。

おすすめ記事

  1. paypal。決済サービス。
  2. そもそもは動画置き場としてスタートしたYouTube。
  3. 10年近く前。まだ日本でYouTubeなどほとんど知られていない2005年。
  4. 毎日30万円。これが小学生の女の子が稼いでいる額です。1日ですよ1日。
  5. 通常YouTube上では、動画が設定している「タグ」を見ることはできません。
  6. アクセス解析の達人のセールスページのデザインを少しだけ変更してみました。ことの発端は、これ。
  7. フィッシング詐欺なんてひっかかるわけない!そんな人が一番危ないんです。
  8.   プログラマの私でも96%の確率で騙されてスパム業者に、高額な買い物をされてしまうであろう...
ページ上部へ戻る