ブログ

LightStrike360は詐欺? 700ルーメンで12,500円は高すぎる!

LightStrike360というライト。

 

 

SnapCrab_NoName_2016-5-10_22-44-47_No-00

 

SnapCrab_NoName_2016-5-8_1-2-2_No-00

 

正確な詐欺の定義からは外れるかもしれません。
なのでご自身で判断を。

まず絶対に買ってはいけません!
そして「勉強になる」ですw

そう!マーケティングの勉強になります。

この2つの観点から考察していきます。

まず「買ってはいけない」について。

これ高すぎます!

lite2

”死ぬほど明るい!!”を売りにしてますよね。

防犯として使える。暴漢の顔に向ければ目がくらむ。
そして当て続けると失明するとも。

それだけ聞くと「凄い技術だ!!」と思ってしまいますが、しかし

同じような明るさのライトは、もっともっと安く買うことができます!!

ではいくらで買うことができるのか? 2000円くらいw

12500円で売られている「LightStrike360」は、実はその6分の1の値段で買うことができます。

『ホント!?』

はい。

「明るさ」の単位は「ルーメン」です。
この軍用ライトと言われている「LightStrike360」は700ルーメン。

確かに明るい!

暴漢の顔に当てようものなら、確かに怯みます。

しかし700ルーメン程度であれば、Amazonでも売ってます。

こちらは800ルーメン。
2156円。

むしろ明るいw

しかしこれだけだと「高すぎる!」だけの話です。
いや、もしかしたらサポートがしっかりしており、12500円の価値を感じてもらえるのかもしれません。

しかし・・・そうじゃないんです。

コレは海外の方がレビューしているのですが、どうやらX800とかいう別のライトと内部構造が同じらしいのです。

X800は2000円以下とか。

つまり2000円でX800を買い、それに部品をつけて、置き換えて、LightStrike360として売っているのです。

 

軍用技術を使って、暴漢を撃退とか言われると思わず買いたくなりますが、冷静に判断することが必要ですね。

 

そしてマーケティングに役立つという観点ですが・・・この「軍用技術」と「防犯」というのが秀逸です。

このライト。そもそもはX800でして、普通のライトとしての用途です。それをこの販売会社が「眩しい!こんなに眩しいのなら、暴漢撃退にも使える!防犯グッズとしよう!」と思いついたわけですね。

まったく同じ商品でも、求めている人にとっては別な価値がある。

そして「恐怖心」を煽ることができる使いみちだと、セールス効果も絶大です。
マーケティングの本質でもありますが、こうまで見事な例は初めてみました。

 

ライトが明るいことを、まさか「暴漢撃退!」にもっていくとはw

 

とはいえ、同じ明るさでも2000円で買えるのでご注意を!

lite1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

  1. 動画撮影では一眼レフとiPhone&ピンマイクでしたがライブ配信ではまた別の機材 一式が必要です...
  2. 『facebookは30代から40代が使っている』そう何かの記事で見たことがありました。
  3. いつからだろうか。
  4. この世で一番大事なものは?愛?お金?健康?それらよりずっとずっと大事なモノに多くの人...
  5. 【なぜ北海道でセミナーは難しいのか?】↑は本当に正しいのか?都市伝説ではないのか?こ...
  6. 3月12日。動画発信 完全攻略合宿。
  7. 「ちょうど古代を学びたいと思ってたんだ!」そんなマニアックなあなたに、超おすすめです!私...
  8. 茶木「失礼いたします。」講師「はい。
  9. マスコミは日本経済について悲観的は話しばかり。
  10. facebookでたまに見る、あの怪しげな動画。

運営者情報

デジタルプランニング株式会社代表。

facebookアプリ企画+開発を得意としています。

特にゲームをマーケティングに活用する「ゲーミフィケーション」アプリの企画は誰にも負けません。

その実力が認められ、大和出版から「ゲーミフィケーション」を出版(2012/4)。

自社アプリを多数開発し、さらに受託もしております。

ただし、いただいたご要望について「どうかなぁ・・・」と思ったら、少しだけご提案させていただくことも多いので、「言われたとおりのものを作って欲しい」は基本的にご遠慮いただいております。

申し訳ありません(面白くないアプリ開発は、どうにもモチベーションがあがらないのです・・・)。

特技:武道(空手、合気道)


セミナー講師、取材、執筆依頼いつでもお受けします。お気軽にメッセージを!

ページ上部へ戻る