ブログ

チャンネル登録者数を増やすための3つの施策

チャンネルとは、あなた専用のいわゆる「チャンネル」です。

YouTubeにアカウントを作ると、自動で1つチャンネルが割り当てられます。
チャンネルは複数作ることができますが、まずは1つだけ作られ、アップする動画はこのチャンネルに紐づきます。

チャンネル登録をしてもらうことで、その人のトップページに表示されます。

つまり、チャンネル登録をしてもらうことが、YouTubeで安定的な再生数を獲得するコツです。

ではチャンネル登録してもらうにはどうすればいいのでしょうか?

 

  1. 相互登録
    YouTubeの中には、チャンネル登録者を増やしたい人がたくさんいます(全員ですw)。
    彼らは「相互登録」ということで、お互いに登録しあおうという募集をしていますので、彼らの動画にコメントすることで相互登録が実現します。詳しくはこちら
  2. 動画内で依頼する
    主に最後に配置することになると思いますが、直接閲覧者に依頼してしまいます。
    あなたの言葉で「チャンネル登録をお願いします」と言ってもいいですし、そのような画像を作ってもいいでしょう。
  3. アノテーション
    アノテーションとは、動画内に文字やリンクを配置する機能です。
    「チャンネル登録はこちら」と表示して、チャンネルの概要ページへのリンクを貼るといいでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

  1. 動画撮影では一眼レフとiPhone&ピンマイクでしたがライブ配信ではまた別の機材 一式が必要です...
  2. 『facebookは30代から40代が使っている』そう何かの記事で見たことがありました。
  3. いつからだろうか。
  4. この世で一番大事なものは?愛?お金?健康?それらよりずっとずっと大事なモノに多くの人...
  5. 【なぜ北海道でセミナーは難しいのか?】↑は本当に正しいのか?都市伝説ではないのか?こ...
  6. 3月12日。動画発信 完全攻略合宿。
  7. 「ちょうど古代を学びたいと思ってたんだ!」そんなマニアックなあなたに、超おすすめです!私...
  8. 茶木「失礼いたします。」講師「はい。
  9. マスコミは日本経済について悲観的は話しばかり。
  10. facebookでたまに見る、あの怪しげな動画。

運営者情報

デジタルプランニング株式会社代表。

facebookアプリ企画+開発を得意としています。

特にゲームをマーケティングに活用する「ゲーミフィケーション」アプリの企画は誰にも負けません。

その実力が認められ、大和出版から「ゲーミフィケーション」を出版(2012/4)。

自社アプリを多数開発し、さらに受託もしております。

ただし、いただいたご要望について「どうかなぁ・・・」と思ったら、少しだけご提案させていただくことも多いので、「言われたとおりのものを作って欲しい」は基本的にご遠慮いただいております。

申し訳ありません(面白くないアプリ開発は、どうにもモチベーションがあがらないのです・・・)。

特技:武道(空手、合気道)


セミナー講師、取材、執筆依頼いつでもお受けします。お気軽にメッセージを!

ページ上部へ戻る