ブログ

YouTube動画には3つの集客上のメリットがある

YouTubeをただの「動画置き場」として使っている人も多いかと思います。

実は私もそうでした(^^;

しかし2013年からユーチューブは急速に「ソーシャルメディア化」していき、「動画置き場」としてだけ使う方法は非常に持っていないことに気づきました。

 

2013年までの使い方はこうでした。

 

■プロモーション動画を作成する

■自社のホームページに埋め込む

 

2013年以降は、このような使い方が効果的になっています。

 

■ユーチューブを回遊している人に見てもらう。

■Google検索から来てもらう。

 

つまり、新規顧客を見つけやすくなったということなのです。

自分のサイトに埋め込んだ場合、それはあくまで「自分のサイトに来た人が、たまたま動画を目にする」だけの話です。

しかしソーシャルメディア化したYouTubeにおいては、まだ一度もあなたを見たことがない人に「動画だけ」を見てもらうことができるのです。

この「新規」と「動画だけ」というのは非常に重要なポイントです。

 

上記を整理するとこのようなメリットがあることになります。

 

  1. YouTubeで、新規に見込み客を獲得できる
  2. Googleから、新規に見込み客を獲得できる
  3. 動画から自社サイトに来てもらうことができる

 

これを図にすることこんな感じです。

SnapCrab_NoName_2014-9-10_11-21-42_No-00

 

いますぐYouTubeをやるべき理由がお分かりでしょうか?

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

  1. 動画撮影では一眼レフとiPhone&ピンマイクでしたがライブ配信ではまた別の機材 一式が必要です...
  2. 『facebookは30代から40代が使っている』そう何かの記事で見たことがありました。
  3. いつからだろうか。
  4. この世で一番大事なものは?愛?お金?健康?それらよりずっとずっと大事なモノに多くの人...
  5. 【なぜ北海道でセミナーは難しいのか?】↑は本当に正しいのか?都市伝説ではないのか?こ...
  6. 3月12日。動画発信 完全攻略合宿。
  7. 「ちょうど古代を学びたいと思ってたんだ!」そんなマニアックなあなたに、超おすすめです!私...
  8. 茶木「失礼いたします。」講師「はい。
  9. マスコミは日本経済について悲観的は話しばかり。
  10. facebookでたまに見る、あの怪しげな動画。

運営者情報

デジタルプランニング株式会社代表。

facebookアプリ企画+開発を得意としています。

特にゲームをマーケティングに活用する「ゲーミフィケーション」アプリの企画は誰にも負けません。

その実力が認められ、大和出版から「ゲーミフィケーション」を出版(2012/4)。

自社アプリを多数開発し、さらに受託もしております。

ただし、いただいたご要望について「どうかなぁ・・・」と思ったら、少しだけご提案させていただくことも多いので、「言われたとおりのものを作って欲しい」は基本的にご遠慮いただいております。

申し訳ありません(面白くないアプリ開発は、どうにもモチベーションがあがらないのです・・・)。

特技:武道(空手、合気道)


セミナー講師、取材、執筆依頼いつでもお受けします。お気軽にメッセージを!

ページ上部へ戻る