石田宏実.com

facebookライブ成功法則

text1

革命的!歴史的!facebookライブ登場!

スマホ1台あれば、誰でも”紅白歌合戦”や”笑っていいとも”のような生放送が出来てしまう。それがライブ配信です。

2016年は既存の各社がこぞってライブ配信に乗り出し、またいくつかのライブ配信サービスが立ち上がりました。
2017年はまさにライブ配信元年となることは間違いありません。

勝つか負けるか。
各サービスは全力で戦っているのが現在です。

たとえばperiscope(ペリスコープ)。これはtwitterが買収した会社です。
facebookのライブ配信の仕組みは、ペリスコープを真似しています。

実はLINEもLive配信ができます。これも要注目です。

あとは老舗ですが、ニコ生があります。
意外かもしれませんが、FC2もライブ配信できます。

LiveMeというライブ配信サービスも人気です。

たくさんある中で、どれが勝つのか?
まさに戦国時代がスタートしたわけですが、とはいえ「どれが1つが天下統一する」というわけではありません。

やはりそれぞれ独自のユーザ層がありますので、競合しないサービスもあります。

たとえばニコ生は、年齢層が低めでいわゆる「オタク」と言われる人たちがユーザ層です。

ペリスコープは当然twitterユーザですし、FC2は他の配信サービスでアカウント停止された「ちょっとグレーもしくはブラック」な層です。

YouTubeはどうかというとfacebookに比べると年齢層は低めですが、しかしfacebookと競合もしています。

とりあえずfacebookの目下の的は、youtubeのようです。

なぜfacebookライブだけがヤバイのか?

そんな中、なぜfacebookライブ”だけ”が革命的なのでしょうか?

Ustream始めその他のライブ配信が欠けている根源的な問題。
それが解決できているからです。

その”根源的な問題”とは何か?

「見られない」です。

当たり前ですが、閲覧者がいないライブなんて苦痛以外のなにものでもありません。
楽しくないわけですから続くわけもなく、廃れていったのです。
Ustreamでいうと、残ったチャンネルは資金力のある企業だけ。

それだけではビジネスにならなかったようで、2016年1月に撤退となったのです。

しかしfacebookは違います。
ちゃんとやれば「見てもらえる」のです。

なぜか?
facebookが集客してくれるからです。

『嘘でしょ?やってみたけど、2人とか5人とかしか見てくれないんだけど・・・』

はい、私もそうです。
しかしちょっと工夫しただけで42人まで上がりました。

わずか2週間前に2人しか見てくれていない状態だったのが、42人になったのです。

syokoさらにある方法を使うことで、54人もの視聴者獲得に成功したのです。

14446427_1122657177771314_443499431_o

それが「ちゃんとやれば」ということです。

ちゃんとやらなくても閲覧者が多いのは、そもそも有名な人だけです。
我々一般人が「楽しい!」と感じるほどの閲覧者を確保するには「ちゃんと」やる必要があります。

本ページでご提案しているのはそのノウハウです。

facebookが社運をかけた機能

facebookは今年から来年にかけ、youtubeを越えようと必死です。

実は数年前facebookに動画を載せると全然再生されなかったのです。
おそらくサーバのスペックがまだ弱く、あまりアップされると困ったのでしょう。

2012年の話です。

しかし一昨年から状況が変わっています。
youtube動画のURLを載せても、ほとんど再生されません。

当然です。facebookはyoutubeを超えたいのですから。
ライバルのサービスを優先するはずがありません。

一方youtubeは一足早く、ライブ配信を実装しました。
しかし一部の有名人だけが出来る状態であり、まだ一般化していませんでした。

そして2016年春。
今度は一足早く、facebookが一般人でもライブ配信できるようにしたのです。

それを見て焦ったyoutubeは、直後にライブ配信を一般人でもできるようにしました。

このように2大巨頭であるfacebookとyoutubeは全力で戦っている状態です。

講師のお一人、長谷川さんによると、facebookは「all or nothing」。
つまり「すべてを得るか、すべてを失うか」。

あのfacebookですらそんな大チャレンジをしているのです。

facebookライブ成功の20法則を一挙公開!

さてそんなfacebookライブ。
独自の成功法則があります。

この成功法則は、10年間ネットマーケティングに関わってきた私だからこそ見いだせる法則です。

まだ登場して間もないfacebookライブですが、成功法則が見えました。

その数、20。
それを公開します。

3
1.○○と会話せよ!
2.○○○○で興味を惹け!
3.○○○○を引き出せ!
4.○○○から流しておけ!
5.○○○○のヤバイ効果を活用せよ!
6.○○○○を立てて集客せよ!
7.○○○で○○○を撒け!
8.○○○の威力を認識せよ!
9.○○○で配信せよ!
10.女性の○○○○○○○○○○を活用せよ!
11.冒頭○○で惹きつけろ!
12.○○○○○でそこにいるかのように錯覚させよ!
13.○○○○○を演出せよ!
14.○○○を使ってライバルに先駆けよ!
15.○が悪いと飽きられる!
16.○○○を確保せよ!
17.やっぱり○○○○○ファースト!
18.○○になるためにやるのだ!
19.○○○○○○なのかをアピールせよ!
20.○○○!

これらの法則のうち半分くらいは他のライブ配信でも使えるかもしれません。 しかし残りの半分はfacebookのみの法則です。

ですから「ライブ配信を頑張りたい!」という人にとっては半分しか使えません。
「facebookライブ配信を頑張りたい!」という人にとっては、20個全部使えます。

そういうノウハウ。
ぜひ習得してみませんか?

これらの法則を全部使っている人を見たことがありません。

当たり前です。まだ登場したばかりのサービスなのですから、成功法則など見出す時間はありません。

ですからあなたが学ぶ20法則は、まだ誰もやっていません。
ぜひfacebookライブの先駆者として一緒に道を切り開きませんか?

パソコンからライブ配信する!日本ではまだ知られていない方法とは?

長谷川さんに聞きました。

「もちろんパソコン(で、facebookライブ配信)は無理ですよね?」

snapcrab_noname_2016-9-4_20-29-59_no-00

答えは衝撃的なものでした。

「ん?パソコンからはできますよ。」

「え!?(そんな当たり前のように言われてもwww)」

 

そうです。facebookライブは、パソコンで配信することができるのです。

それにより、どんなメリットがあるのか?

これを見てください。
これはパソコンで配信したものです。

通常の方法ではできません。特別な方法が必要です。

それを長谷川さんから聞いたときは心底驚きました。
まさにテレビ放送のように、なんでもできてしまうということですから。

もちろんそんなことをやっている人はいませんし、かなりの差別化になるでしょう。
その方法を長谷川さんが手とり足とり、丁寧に教えてくれますし、私からも補足しています。

パソコンがあまり得意じゃない人でも、それほど迷うことなくできるでしょう。

9
ソフトやサービスを使うことになりますが、それらはすべて無料です。
無料ソフト、無料サービスを使うことでパソコンから配信できるようになります。

無料サポートいたします

パソコンでの配信には無料ソフトのインストールか、またはあるサービスの利用が必要になります。

もし自信がないということであれば、いつでもメールでご質問ください。
原則として24時間以内にご回答いたします。

とはいえおそらく、解説した動画を見るだけでスムーズに行くと思います。
非常にわかりやすく、長谷川さんに解説していただきました。字幕も入ってますし、画像も入れています。

心配なさらず、ぜひパソコンでの配信を楽しんでください。

いつでもどこでも学べる!2時間32分の動画受講

講座は動画で受講できます。

パソコンでもスマホでも見ることができますのでスキマ時間を利用して学ぶことが可能です。

スマホでも可能ということは通勤時間や、夜 布団に入った時などにも最適です。

イヤホンで聞きながらでもかなりの学習効果があります。

※5つのセッションの合計で8GB以上あります。ダウンロードに苦労する場合には、YouTubeから直接見ることもできます。

file

snapcrab_noname_2016-11-25_12-40-20_no-00

price

 

メールアドレス
名 前

 

Return Top