札幌の集客専門家が運営する 石田宏実.com

石田の独立までのストーリー21

石田の独立までのストーリー21

部長『え!?名刺ないの!?』 石田『すいません』 またいつもの「すいません」だ。 サラリーマンプログラマだった時代。 何度「すいません」と言ったことか。 謝罪は失敗の数に正比例する。 2006年秋。 新しい派遣先の面接の日。 ※面接を通過して、晴れて派遣されることが多い。 名刺を切らしていたことが気がついた。 当日の朝だった。...

石田の独立までのストーリー20

石田の独立までのストーリー20

6年前。2006年7月。 サラリーマンであった私は 失意のどん底にいた。 ”あらかじめ決められた期日より「早く完成」したらダメ。” ”一ヶ月に180時間仕事しないとだめ。2月でも無関係に180時間” ”昼休憩は50分。” ”偉ーい役員がお客さんと行った打ち合わせ。その齟齬による納期遅れは  末端のプログラマのせい。「死人に口な...

石田の独立までのストーリー19

石田の独立までのストーリー19

銀行残高は3万円を切っていた。 しかし・・・あたかもそれが合図だったかのように 大量の注文メールが、メールボックスを独占するようになる。 私は3万円の資金でいったい何をしたのか? ・・・実はこの3万円は一切使っていない。 つまり無料である仕掛けを行ったのだ。 2006年7月。 無料で大量注文を獲得した、ある仕掛けとは・・・? ...

石田の独立までのストーリー18

石田の独立までのストーリー18

さかのぼること4年前。 2002年2月。 会計事務所に勤めていた。 会社から帰ってから毎日2時間使い 「アクセス解析」システムを開発していた。 ※子供がいなかったので、結構時間があった。 当時としては画期的な機能が実装されたものだったが マーケティングを知らなかったため、お小遣い程度しか稼ぐことができなかった。 しかし経験は残...

石田の独立までのストーリー17

石田の独立までのストーリー17

札幌でセミナーを行った。2012年7月1日。 その4次会は朝3:30に終了。 私はすすきのでタクシーを拾い、乗り込んだ。 福住の自宅に着いたのは4時ちょっと前。 きれいな朝焼けが、真っ白な雲をオレンジ色に変えていた。 ━ ◆ ━ ◆ ━ ◆ ━ ◆ ━ ◆ ━ ◆ ━ ◆ ━ さかのぼること2か月前。 樺沢紫苑さんとスカイプで...

石田の独立までのストーリー16

石田の独立までのストーリー16

ヒヨコがゆっくりと浮かび上がる。 水面に到達すると同時に、また底まで沈める。 これを10回くらい繰り返したとき、 とんでもないことが起きる。 その「とんでもないこと」とは? ソフト販売で独立する。 夢のある響きだ。 プログラマにとって「自分で思い通りのソフトを作る」というのは夢なのだ。 なぜなら、ソフトを作るのが好きだからプロ...

石田の独立までのストーリー15

石田の独立までのストーリー15

今日も1通、相談メールが届きました。 ─ ◆ ─ ◆ ─ ◆ ─ ◆ ─ ◆ ─ ◆ ─ ◆ ─ ◆ ─ ◆ ─ 私のメールボックスには、たくさんの相談メールが届く。 『プログラマを「使い捨て」と考えている現状には、もう我慢できません』 『子供が2人います。私も独立して、子供ともっと関わりたいんです』 『社長から「ボーナスをも...

石田の独立までのストーリー14

石田の独立までのストーリー14

いいね!お願いします! ─ ◇ ─ ◇ ─ ◇ ─ ◇ ─ ◇ ─ ◇ ─ 『27か・・・』 手帳を開く。前半はスケジュール帳になっている。 カレンダーの2月2日の欄に『27』と書いた。 この数字は、目標達成期限までの残り日数を示している。 2006年2月。勝負の月だ。 『2006年2月、2万円を稼ぐ』という目標設定はほとんど...

石田の独立までのストーリー13

石田の独立までのストーリー13

12月25日、23:15、私は救急病院にいた。 クリスマスに救急病院。 これほど不釣り合いなものはない。 つい1週間前に妻が、里帰り出産から帰って来ていた。 久しぶりのわが子との対面に喜んでいるのもつかのま、大変な育児が待っていた。 修羅場。戦場。そんなワードがぴったりの日常になる。 25日に人生で初めて自作商品を自分の力だけ...

石田の独立までのストーリー12

石田の独立までのストーリー12

0と1の違い。 0に何を掛けてもゼロ。 その他の数字とは根本的に違う。 インド人が発見したという話を聞いたことがあるが、相当な知性である。 そのおかげで我々は「何も生まれていない」状態に気がつくことができた。 2005年12月25日。 奇しくもクリスマス。 私は「1」になったことを実感した。 昼の11時38分。 メールの着信音...

石田の独立までのストーリー11

石田の独立までのストーリー11

天井はすこし黄ばんできており、所々にシミがある。 目が覚めるといつもその天井が視界に入る。 しかしこの日ばかりは違った。すぐに携帯の液晶画面に目をやった。 12月21日と表示されている。 間違いない。メルマガ広告が掲載される日だ。 昨日は何度も同じ夢を見た。 携帯がブルブルと震える。メールをチェックする。 液晶画面には薄い黒で...

石田の独立までのストーリー9

石田の独立までのストーリー9

~ 音声CDの完成と、初の広告 ~ 目標期限まであと3ヶ月。 初の自作商品をメルマガ広告に出稿。 果たして・・・売れるのか? ─ ◇ ─ ◇ ─ ◇ ─ ◇ ─ ◇ ─ ◇ ─ ◇ ─ ◇ ─ ◇ ─ 窓に目をやった。 透明であるはずのガラスが、真っ白く変色している。 それが「吹雪でそう錯覚したのだ」と気がつくまで、1秒ほどの...

石田の独立までのストーリー10

石田の独立までのストーリー10

「聞く教科書 ~ 1日10分聞くだけで、あなたもIT試験に簡単合格」 そう入力し、「広告申し込みを確定する」をクリックした。 ある人気のIT系メルマガのヘッダー広告枠は1万円だった。 財布には4000円程度しか入っていないが、銀行口座内の自由に使えるお金をかき集めると、なんとかなる広告費だ。 イーバンク銀行からすぐに振込処理を...

石田の独立までのストーリー8

石田の独立までのストーリー8

『まいったな・・・』 携帯の時計を見る。AM 4:46 自宅から締め出されて、30分が過ぎていたことを知る。 5年前の痴漢騒ぎ。それさえなければ、こんな目に遭わなかったのに・・・。 北海道の12月、早朝。 凍死してもおかしくない環境である。 昨日が少しだけ暖かかったため、雪が少しばかり溶けていたのが唯一の救いだった。 『まいっ...

石田の独立までのストーリー4

石田の独立までのストーリー4

2005年7月。 ちょうど1年後、私は給料を超える副業収入を 手にすることになる。 しかし当時はそんな夢みたいな事実を、 とても信じることができなかった。 ― ◇ ― ◇ ― ◇ ― ◇ ― ◇ ― ◇ ― ◇ ― ◇ ― ぜひ、いいね!をお願いします! ありがとうございます! ― ◇ ― ◇ ― ◇ ― ◇ ― ◇ ― ◇ ...

石田の独立までのストーリー3

石田の独立までのストーリー3

~ 1365円の投資 ~ 2004年秋。 私は中国語検定の準4級に合格した。 中国に興味があったわけではない。 確かに三国志は好きだが、あくまで御伽噺として読んでいただけである。また大学の専攻が中国語だったわけでもない。 (そもそも専門学校卒であり、大学は通信教育だ) 『日経ソフトウェア』という雑誌が原因だった。 『オフショア...

石田の独立までのストーリー2

石田の独立までのストーリー2

2006年7月。 それは副業収入が会社の給料を超えた月だ。 ビジネスモデルは「マーケティングソフトを売る」。 そして2006年4月に開発を始めたソフトウェアがブレイク。 一気に私の名前が知れ渡り、いまでも当時のソフト名を出すと 「ああ、あの石田さん」と思い出してくれる人も多い。 6年前の仕事の成果が、いまでも享受できていること...

石田の独立までのストーリー1

石田の独立までのストーリー1

『会社を作ろうと思うんです』 2007年2月、私は社長にこう話した。 実質「退職したい」という意思表示だ。 『そうか・・・』と、残念がってくれながらも了承してくれた。 そして『9月のボーナスをもらってからにしたら』と、ありがたい言葉をもらった。 私は社長に感謝しながら、『あと半年で独立の準備を整えなければ』と、気を引き締めた。...

Return Top