札幌の集客専門家が運営する 石田宏実.com

自分を変える89の方法 ~ スティーヴ・チャンドラー

人生は鉄骨渡り

 

今回のアウトプットは失敗でした(T_T)
量が多すぎて2時間かかりました。

長くても1時間程度にしないと仕事に支障があるのでw
次からは1時間以内を目指します。
リミットを設けると能力が増すことを活用します。

今回の「89個」は、そのうち30個くらいをピックアップすればよかった。


書名:自分を変える89の方法
著者:スティーヴ・チャンドラー
読書・アウトプット日時:2017年1月24日 9:30~11:25


 

 

書名に「○○の方法」とか「○○の秘訣」
とか、数字を使うのは鉄板ですね。

興味を惹く効果があります。

しかも絶対に奇数にすること。

割り切れないので「気になる」のです。


 

1.自分が死ぬ日を想像する
つまり死ぬつもりで行動できるようになるということですが・・・どうなんだろ。
私には無理っぽいかな。そして悲しすぎるのでパスw

2.なりたい自分になったかのように行動する
これは効果的です。モデリングというやつですね。
そのためにはビジョンが必要。ビジョンを作り「それが達成できた後のようにふるまう」ことで、「できないかも」が打ち消される効果あり。

3.未来の最高の自分を思い描く
ビジョン、夢の効果。理想を描くと、それに向けて行動しようとする。

4.不安に集中しない。目標に集中する。
カイジの鉄骨渡りを思い出しますw知ってる?
床におかれた鉄骨を渡ることは簡単だけど、地上100メートルのビルとビルの間にかかった鉄骨を渡ることは不可能。
それは「もし落ちたら」と想像してしまい、本来の力が発揮できないから。
「起きていない未来」を不安がらず、目の前の一歩一歩を。
ちなみにカイジは、一歩一歩で渡り切ります。

5.本番以上の状態を経験しておく
事前につらい経験をしておけば、本番は楽しむことができる

6.すべての行動基準をシンプルにしておく
余計なことを考えないように、計画をたてる

7.周囲の世界から黄金を見いだす
世界は「チャンスにあふれている!」ことを知ること。

8.自分の「やる気ボタン」をみつける
たとえば音楽でやる気を出すとか。本とか映画とか。
モチベーションを維持できるなにかをみつける。ない人は作る。

9.小さな目標を立てて、必ずやりきる
大きな目標は「できないかも」と思ってしまう。
なので達成できそうな小さな目標に分割し、1つ1つ達成していく。
気が付くとアラ不思議!大きな目標に近づいている。

10.人生の指南書をみつける
役立つ本はある。でもなかなかない。
なのでたくさん読んで「これだ!」という本を見つけ、そしてその著者から片っ端に学ぶ。

11.オーディオブックで、移動時間を図書館にする
出たー!!オーディオブック!
何度言っても、みんなやらない「オーディオブック」。
音声で聞くセミナーなので、車の運転や地下鉄、徒歩、睡眠前など、いつでも勉強可能。
でも誰もやらない。

12.忙しいときほど、計画に時間をかける
「計画に1時間かければ、実施時間を3時間節約できる」
計画は、目的意識をはっきりさせ、エネルギーを引き出してくれる
多くの人は、計画の価値を理解していない。
・・・気を付けよう( ;∀;)

13.楽観的な考え方を練習して身につける
楽観的な思考を繰り返せば、楽観的になる

14.大きな仕事にはのろのろと取り掛かる
大きな仕事が嫌になるのは進捗が見えにくいから。
だからあえて「ゆっくり」を自分に許可し、1つ1つの仕事を楽しむ。
大きな仕事を分割する。そのほうが早く終わる。
大切なのは行動の速さではなく、実際の行動しているという事実。

15.前向きな気持ちになる人と一緒に過ごす
後ろ向きな人は、あなたを、あの手この手で引き戻そうとする。
「一緒にいると幸せで前向きな気分になれる人のリストをつくり、今週末一緒に過ごす人をリストの中から1人選ぼう。」
・・・ってそれ無理でしょw でも意味はわかる。

16.なりたい自分を演じる、最高の俳優になる
感情は思考で決まる。思考をコントロールすれば感情もコントロールできる。
演技と本当の境界線は実は薄い。演技していると、本当にそうなる。

17.何もせず、部屋で1人静かに座る
パスカル「人間の問題はすべて、自分の部屋に1人で静かに座っていられないことから生まれている」
さすがパスカル!いいこと言います。確か、昨日の「フェルマー」さんの友達でしたよね。
自分と対話しようということ。

18.つらいことのなかから、楽しさを発見する
実体験あり。除雪作業はまったく楽しくないが、「往復30秒でいけるか?」とゲーム性をいれると、ちょっと楽しくなった。

19.高校生の自分に人生を決めさせない
ここでの「高校生」とは「思春期」ということ。
つまり恥ずかしがり。世間を気にする。
人目を気にせず・・・ってこれも難しいなぁ。

20.自分の弱さを認め、本当の自分をさらけ出す
男性って結構難しいかも。でも頑張る( ;∀;)

21.テレビの時間を減らす
おっと!ここにきて超具体的なw
テレビの中の人は、見られることで稼いでいる。あなたには一円も入らない。
・・・ちょっと無理ある気もする話ですがw
要は娯楽ばかりじゃなく、勉強もしよう!ということ。

22.様子を見ない。自分から主体的に動く
周囲の動きに反応せず、自分から動こう!

23.恐れていることをあえて体験する
勇気を出して取り組もう!
何か怖いことがあるなら、それを体験して乗り越えることが、その「怖いこと」を消し去る最短距離。

24.人間関係には理性的に取り組む
「人はみな、翼が片方しかない天使。誰かと抱き合わないとそれを飛べない」
アメリカ人ってこういう表現好きだなぁw
人間関係は、創造性を高めるチャンス。

25.意思の力は鍛えられる
意思の力は、筋トレのように鍛えられる
・・・実際には違うと思うけどwそのように思い込む。

26.自分オリジナルの儀式を作る
これは一言で解説。「五郎丸」」。

27.幸せを、目標達成の道具にしない
目標を達成すれば幸せになれるのではない。そこに向かっている途中も幸せであることを知る。
そう考えないと、目標に向かっている最中は不幸であると考えてしまうだろう。

28.1日2回、したくないことをする。
日々修行。2回は無理っぽいが、頑張るか・・・

29.今、この瞬間を感じることに集中する
罪悪感が好き:過去に生きろ
不安が好き:未来に生きろ
幸せを求める:今日という日に集中する

30.質問の準備に時間をかける
「質問力」というやつですね。
誰かに質問することでいい人間関係が作れる。

31.他人のやる気を高めるために貢献する
人のために。チープだけど大切かなぁと。

32.2歩前進したら1歩下がる
人生はそういうもの。それをあらかじめ知っておかないと、1歩下がったときに落ち込んでしまう。

33.始めるのに、遅すぎるということはない
何歳からでも人生をやり直せるらしいが、ホントかなぁ・・・。

34.「誰も私を助けない」と考える。
頼らず、自分で切り開こう。

35.幸せになれることを探し続ける
日常に幸せを感じる。不幸だと思い続けない。

36.あなたの中に眠る、偉大な勝者に目を向ける
夢を持とう!!ということ・・・だと思う。たぶん。

37.創造することを難しく考えない
「創造」は難しいと考える風潮があるが、そうではない。
みんな創造的なのだ。恐れず創造しよう。

38.仕事にゲームの要素を取り入れる
さっき書いた「除雪ゲーム」と類似。
89もあるから、結構かぶってるんですよねw
集約すると10個くらいかも・・・

39.リラックス時間を考える時間にする
リラックスしていると、創造的、知的になれる

40.今日1日を最高傑作にすると決める
人生とは「今日」である

41.すばらしい贈り物として問題を歓迎する
問題には贈り物が隠れている。つまり問題を解決すると成長できる。
わかっているけど、なかなか難しいよねー

42.心が震える言葉を脳に刻み付ける
すばらしい言葉を見つけたら、忘れないようにする。
当たり前だけど、忘れたら無意味。忘れないようにしよう。

43.小さな「過程の目標」をたくさん作る
これもさっき有ったような・・・w
小さな目標を「過程の目標」という。やっぱりさっきあったよね?
1日を通して、小さな目標を設定する習慣がつける。

44.毎日自分自身に目標をアピールする
目標を書いて、目立つところに貼り、毎日毎日見る。覚える。

45.自分にできる小さな一歩を探し続ける
完璧主義者は悲観主義者

※ようやく半分まできましたw

46.自分のネガティブな思考に反論する
楽観主義者は、自分の中の悲観的な考えをディベートで打ち負かしている。

47.問題をチャンスに変える方法を考える
よく聞くし、さっきもあったから割愛

48.1人ブレーンストーミングをする
ブレストを1人で

49.毎日、大きな声で歌う
歌うと幸せになれる。人間の構造って、こういうところは単純なんですよね。

50.スキルと知識を磨き続ける
勉強しよう!!

51.悪い習慣はよい習慣に置き換える
悪い習慣の根底には、自分にとってプラスがあるから。たとえばタバコ。吸うとリラックスするため、辞められない。
なのでその習慣をやめるのではなく、他の習慣に置き換える。アイコスとかw

52.毎朝、白いキャンバスに今日1日を描く
なるほど。今日はまだ始まったばかり。そんな出来事が起きるのかを毎秒描いていると考える。
すると、無駄な1日を過ごしたくないと考えるようになるのでしょう。

53.たくさん運動をして、脳に酸素を送り込む
運動すれば頭が冴える

54.コーチングをうける
人生や仕事というゲームでも、コーチをつけるべきだ

55.自分自身と対話する
他人の声ばかり聞くのではなく、自分に聞こう。

56.途方もない約束をする
大切な人に、大きな約束をする。SNSで宣言してもいいかも。

57.匿名で誰かに幸運を届ける
見返りを求めず他人に何かしてみよう。難しいけど、たまにやってみる。
それをやると、自分にも幸せが届く・・・らしい。
本書でも「根拠はない」と堂々と書かれているw 潔よい!

58.競争の機会を成長の機会にする
競争が「悪」という風潮があるが、それは間違い。競争は成長する。
人は成長することで幸せを感じる。
そして「負けたけど、無価値ではない」ことも知る。負けを恐れて競争しないとは逃げ。

59.受け継いだ悲観主義を自分の力で変える
子は親の背中を見て育つ。悲観主義の親なら当然子も悲観的に。
しかしそれを、自分で変えよう。

60.世界のよい面に目を向ける
現代人はマイナスばかりに目が行く傾向にある。
社会が悪い。政府が悪い。他人が悪い。
プラスの面も見よう。

61.自分自身の内面を旅する
他人の言葉だけで、セルフイメージを作らない

62.危機感を自分自身で作り出す
リミットを作ることで、ノルアドレナリンが出るので能力がアップする。
おっとこれは、樺沢さんの「脳を最適化すれば、能力は2倍になる」から学んだことだった。
やはりアウトプットすると覚えているものですね。

63.今日1日で自分を5パーセント変える
毎日5%つづ成長できれば、20日で100%。つまり2倍になれる。
これ、無理だよねw 毎日5%って。
でもそれくらいの気持ちでってこと。
週に5%でも十分すごいわけだし。

64.あえて下手にやる
たとえば文章。いきなり上手に書こうとするから書けない。
「下手にかこう」として書くと、すらすら書ける。
こうすることで、行動前の悲観的な思考を打ち消すことができる。

65.できると信じて、ありありとイメージする
理想の自分を具体的にイメージすることができれば、それは実現する。

66.「人生のリスト」を作る
リスト作りは強力なスキル。
たとえば「一生付き合いたい人リスト」「死ぬまでにしたいことリスト」など。
リストには、物事を実現する力がある。

67.他人を変えようとしない。自分が見本になる。
ガンジー「他人の中に見たい変化を、まず自分が行いなさい」

68.先に仕掛け、周囲を反応させる
人生を反応させるのではなく、自分の計画に人生を反応させる
自分から動こう

69.「ノー」を答えと思わない。質問だと考える。
急にセールスの話w どうした。
相手に「ノー」と言われても、額面どおりに受け取らない。

70.ニュースを断食する
ご存じのとおり、ニュースは作られている。だから見てもしょうがない。
ニュースはネガティブなものが多い。
墜落した飛行機のニュースはあるが、無事に着陸した飛行機のニュースは無い。
だから見ないだけで心身ともに健康になれるw

71.心配を行動に変える
1.心配を5つリスト化する
2.それぞれに具体的な解決行動を書く
ただ心配するのではなく、行動で解決する

72.問題の指摘で終わらない。解決策を考える。
ある会議。または上司。問題点を指摘するだけではなく、解決策も持ちながら指摘する。
そのほうが生産的。

73.スキルを活用し、困難を克服する
スキルを磨き、そのスキルを活用して問題を解決することが、喜びに満ちた人生。
成長は脳の報酬だから、その通り(またまた「脳を最適化すれば、能力は2倍になる」より)

74.毎日たくさん歩く
おーい!これさっき有ったぞ!!
いよいよネタ切れか?

75.ミステリー小説を読む
直観力が鍛えられる。

76.弱点を長所に変える
これもよく言われますが、結構難しいですよね。
弱点は、努力で解消しなければならないこともありますし。
でも、長所に変えることができたら、解消する必要もない。
その判断が難しいかなぁ。
弱点を鍛えることから逃げないことは大事かと思います。

77.「問題は私にある」と考える
これもさっきあった。
自分が問題なら、解決策も自分にある。

78.目標を2倍にして、思考のレベルを高める
これは激しく同意。
いつまでも5人のセミナーに甘んじることなく、10人を目指そう。
次は20人を目指そう!

79.ヒーローから学び、行動をコピーする
メンターの存在ですね。そしてモデリングする。

80.問題解決脳からビジョン脳に切り替える
人生は問題解決のためにあるのではなく、ビジョン達成のためにある。
なので、そのビジョンが間違いかどうかが重要。
創造を伴わないビジョンは、単に問題解決。

81.方向性をもって、知識の基礎体力をつける
自分なりの方向性をもって、取り入れる知識を意識して選ぶ必要がある。
マイナスの情報に振り回されない。

82.本を、声を出して読む
音読すると、黙読の2倍、記憶に残る。聴覚も使うから。

83.やる気があるフリをする
感情があって行動するが、逆もある。
すなわち、行動から感情を操作できたりもする。
笑うと幸せな気持ちになる。同様に、やる気がでないなら、やる気があるフリをして行動する。
するとやる気が出てくる。

84.人生のネガティブな要素をすべて書き出す
「ノー」の力は巨大だ。「○○したくない」をリストアップする。
すると、それを解消するように行動できるようになる。

85.自分の”真の実力”のことは考えない。
「できるか?」だけを考えていても進まない。まずはやってみる。
・・・らしいが、そうはいっても考えることは重要ですよね。
要はバランス。

86.自分へのメッセージとして、名言を読む
名言集なんか読むときは、その有名人が自分に言っているように感じる

87.反応しない。対応する。
反応と対応は反対語らしい。ホントかどうかはわからないけどw
何か問題が発生したら、いちいち反応せずに、問題に対応する思考が大事。
対応できるようになると、毎日が創造的になる。

88.本で学んだことを行動に移す。
「ムダにならない勉強法」でもあったように、読書の成果はインプットではなく、どれだけ活用できたかが重要。
4冊の読書より、1冊の本の実践。

89.「今日やるべきこと」に集中する。
大きな夢は大事だがあまりにも大きいはず。それに比べて毎日の一歩はあまりに小さい。
しかし、その一歩の積み重ねが夢の実現なのだから、その一歩に集中する。


 

一応、89個ありましたが、実際には30個くらいに分類分けできますね。これ。

同じこと言ってるのが結構あった。

それにしても疲れたー!
次からは読書+アウトプット時間は1時間と決めます。

Return Top