札幌の集客専門家が運営する 石田宏実.com

大怪我~今日の晩飯もスライムか: 魔法使い養成塾の立ち上げ方 その7

前回の記事はこちら

『あれ?』

2軒目の養成塾を建てるために
レーベの街の建設会社に行く時間だった。

market_dt

金庫を開けると、明らかにゴールドが少ない。

昨日見た時には5000ゴールドの束が4つはあった。
しかしそれが2つと、あとは500ゴールドの束がいくつか。

『あぁ、2軒目の建設費用をダーマがもう払ってくれたのか。』


順調に顧客は増えていき、地元でも有名な塾になって1年。
この規模になると確かにダーマの使い道は出てくる。
ダーマは人当たりだけはいいので、飲み会での盛り上げ役に最適だった。

そして確かに人脈も増えていった気はする。
それが実際に売上に結びつくにはまだ時間がかかりそうだが、
多少なりともダーマとの関係は改善していた。ホントに多少だが・・・。

そんな矢先、いい話をオルデカからもらった。
レーベの街はいま国を上げて開発に力を入れている。人口が爆発的に増えており、
商売をするにはうってつけだった。

しかし当然、土地の値段は上がる。簡単に店を出せるような状況ではないが
オルデカの友人の父が亡くなった。その人はレーベの街の地主だった。

相続された息子(つまりオルデカの友人)は
その土地をどうしていいかわからずオルデカに相談したらしい。

ざっと見積もりしたところ、土地だけで4000ゴールド。
破格の値段だった。そこで少しだけ大きめの建物を建てるとするとさらに4000ゴールド。

その他諸費用を含めると合わせて1万ゴールドは必要となる。
そして今日、土地と建設費用などを支払うことになっていた。
そう思い金庫を開けたところ、ちょうど1万ゴールド程度が消えていたのだ。
ダーマにもその話はしていたため、ダーマが支払いを済ませてくれた・・・そう自分に言い聞かせていた。

『珍しく仕事してるな』
不安を感じながらもレーベの街の建設会社に向かった。

しばらく人に教えることしかしていなかったためルーラ1つで息が切れてしまう。
それどころか、着地に失敗し危うく大怪我するところだったことも何度かあった。

そのため最近は馬車に乗って移動することが多い。
しかし今回は急いでいたため、ルーラを使いレーベの街に向かった。

着地は成功したが建設会社で予想を超える話を聞くことになった。

『え?費用?もらってませんよ。』

思わず絶句してしまう。

『そういえば銀行が探してましたよ?』

『え?銀行?どうして・・・?』

『なんでも融資していた1万ゴールドの返済が滞っているとか・・・』

『融資?そんな馬鹿な!』

1万ゴールドの融資なんて受けた記憶がない。

嫌な予感は的中した。
どうやらダーマが、1万ゴールドを勝手に融資してもらい
さらに金庫から1万ゴールド程度が消えている。

2万ゴールドも持っていったい何をしようとしているのか。

急ぎアリアハンの銀行に向かう。

『ルーラ!』

ルーラは繊細な呪文だ。行き先をかなり正確にイメージしなくてはならない。
イメージが明確じゃないと思ったところに着地できないことがあるのだ。
そこで、多少ルーラが出来たとしても熟練するまでは使わないことが多い。

私はペーパールーラーだったことを忘れ慎重さを欠いていた。


着地したのは民家の上。
屋根から地面に落下し体を打ち付ける。

戦闘など遠い昔にしたっきりだった体は重く
レベル15のモンスターに痛恨の一撃をくらったのと同じくらいのダメージだった。

意識が遠のく・・・。
なぜこんなことに・・・。

ダーマとさえ組まなければ・・・。

続きはこちら

Return Top