札幌の集客専門家が運営する 石田宏実.com

コンセプトには2つある。「集客用」「成約用」。

動画を作成する際に、単純に会社案内を社長がしゃべったところで面白くないですよね?
当たり前ですw

他のYouTube動画を見てもらうとわかるとおり、ドキドキワクワクするような仕掛けがされています。
「仕掛け」というと大げさかもしれませんが、少なくてもそのようなコンセプトだったりそのようなしゃべり方だったりと、なんらかの「ドキドキワクワク」は必ず組み込まれています。

就職活動に来た学生にしゃべるような会社案内などでは、だれも「ドキドキワクワク」などしません。
そしてその「ドキドキワクワク」が高いと、バズる可能性が高くなってきます。

バズるとは「twitterで話題になっている(たくさんリツイートなどをされる)こと」や、単に「ネット上で話題になっている」ことを意味します。

たとえばちょっと前に流行った「メントスコーラ」。
コーラにメントスを入れると化学反応(?)を起こして、勢いよく吹き出すという現象があるのですが、これを動画で撮影してアップしたのです。

この動画は瞬く間に全世界に広がり、動画作成者はなんとコカ・コーラと契約を結んだほどです。
まさにバズった例です。

このような動画は集客に非常に役立ちします。
もしバズが発生すれば、一躍有名人(有名企業)になることでしょう。
いままで停滞していた再生数は伸び、売り上げも伸びるかもしれません。

それがYouTubeの面白いところです。一気に大逆転がありえますので、「誰も見てくれない・・・」と落ち込むのではなく「バズが発生するような動画を作ろう!そのためには・・・」と日々考えることです。

さて集約とは「たくさんの見込み客を集める」ことです。
一方、成約とは「集まった見込み客のうち、成約しなさそうな人を”切っていく”」ことです。

多くの人は勘違いしていますが「売り込む」のではなく「必要としている人に提供していく」ことなので、結果的に「必要としていない人は切っていく」ことになります。
そして必然的に「集客用の動画」は再生数が多くなり、「成約用の動画」は再生数が少なくなります。

もちろん集客用の動画でも成約に結び付くことはあるでしょうが、動画を作成する際にはあらかじめコンセプトを決めておきましょう。

「成約用動画」は、原則として「集客用動画をすでに見ている」わけですから、あなたのファンになっている可能性があります。そこまでいかなくとも「親近感がある」「興味がある」状態にはなっているでしょう。
ですからその前提で動画を作りましょう。

あなたがいま作ろうとしている動画は、集客に使えそうですか?それとも成約につながりそうですか?

Return Top