札幌の集客専門家が運営する 石田宏実.com

どんな動画だとYouTubeマーケティングが成功するのか?

「作りたい動画がある」

そんな発想では少なくても「ビジネス活用」という観点からは「無理」となってしまいます。

もちろん趣味で動画を投稿し、広告料を得るというモデルであれば全然問題ないでしょう。そもそも好きでもないことを続けるなど地獄です( 一一)

しかしあなたがすでにビジネスを行っており、それを拡充するのにYouTubeを使いたいということであれば、以下のポイントを頭に入れたうえでYouTube動画を作るべきです。

そのポイントとは・・・

その動画を見ることで深い悩みが解決できるか?

ということです。

ビジネスの目的は、細かい違いはあれど原則として「悩みの解決」です。人が抱えている悩みがあり、それを解消し、対価としてお金をいただくわけです。これが企業活動になるわけです。

ですからセールスとは「悩みが解決できることを伝える」と言えるでしょう。
その対価であるお金、すなわち「価格」が適正であれば取引成立です。

あなたのYouTube動画がたくさん再生されるためには、同じく「悩みの解決」が可能である必要があります。

 

確かに動画を見るのは無料です。しかしたとえば3分の動画であれば3分の、10分の動画であれば10分の貴重な時間を消費するのです。それなりに動機づけが必要なのは当然でしょう。

 

あなたの動画(もしくはチャンネルのコンセプト)は、「悩みを解決できる」ものになっていますか?

自己満足の動画にはなっていませんか?

 

Return Top