札幌の集客専門家が運営する 石田宏実.com

コンサルティング出張セミナーをお受けします今日の晩飯もスライムか: 魔法使い養成塾の立ち上げ方 その1
コンサルティング

主にSNSを使った集客についてのコンサルティングを行います。私は200人規模の講演会を単独で主催してきました。秘訣は、徹底してfacebookを活用したことです。プロモーション、主にインターネット集客の専門家である私が、御社の個別相談に対して真剣にお答えいたします。

出張セミナーをお受けします

出張セミナーをお受けいたします。過去に単独で200人以上のイベントを主催してきました。また多数のセミナー開催実績があります。主にSNSを使った集客ノウハウについてお話させていただくことができます。

今日の晩飯もスライムか: 魔法使い養成塾の立ち上げ方 その1

『今日の晩飯もスライムか・・・』噛み切るのにやっとの歯ごたえ。噛み切ったと思ったら、その瞬間 鼻をつく生ごみのような匂い。食べるものが無くなって10日。モンスターを倒してそれを食料にすることでなんとか生き延びていた。 疲れ果てているが宿屋に泊まるゴールドもない。万が一にでも負けないようなスライムレベルを相手にするしか方法はなかった。さらにそれを食べることで命をつないでいた。なぜオレがこんな目に・・・。話は90日前に遡る。

最新の投稿

札幌 イラスト思考講演会と、高校時代の涙の思い出・・・

 

不良。

自己または他人の徳性を害する行為をしている少年および少女(wikipediaより)。

死語になりつつあるこの言葉が、
まだ常用されていた1992年

高校時代にクラスで美術の評価で”1”をとった人物が2人いた。
1人は不良に憧れ、「やってられるか!」とばかりに毎回のように提出物が遅れていたヤツだった。

絵の才能はあり、たまに5を取るのだが、提出をわざと遅らせその度に”1”を取っていた。
スクールウォーズに憧れてカッコつけていた。

彼は特に後悔はしていなかった。なぜなら、わざとだからだ。

 

しかしもう1人、美術”1”を取った人間がいた。

名前を石田といった。

2017-02-17 19.53.10

彼は不良とは程遠く、風邪以外で欠席することはなかった。

毎日きちんと時間どおりに登校し真面目に授業を受けていた。

あまりに真面目過ぎて、卒業時には精勤賞をもらうことになる。

 

これは『精勤賞だった全員に「精勤賞」と大きく書かれた、
それはそれはシブい”湯呑み”をもらうことができるのだが、
なぜか「切らしている」という意味不明の理由で、
自分だけがもらえなかった』、その1年半前の出来事である。


不良ローテーション

 

私、石田は美術は常に評価が”2”だった。

美術”1”はクラスに必ず2人いる。下から2人が”1”評価。
そういう評価の仕方なのだ。

 

私のクラスには、自称「不良」が4人いて
そのうち常に誰か2人は美術の課題を未提出だった。

未提出は無条件で”1”となる。

つまり不良4人のうち2人が評価”1”なので、
私は評価”1”を逃れていたのだ。

提出さえすれば、自動的に”1”ではなくなる。

とはいえ不安もあった。
ローテーションである。

・不良Aは2回に1度だけ 課題を提出する。
・不良Bは3回に1度だけ 課題を提出する。
・不良Cは2、3学期だけ 課題を提出する。
・不良Dは2回に1度だけ 課題を提出する。

それを図示するとこのようになる。

SnapCrab_NoName_2017-2-17_18-35-12_No-00○は「提出する」または「提出するであろう」を示している。

 

私はこのローテーションに気がついたのは、1年の終わり頃だった。

そして安心した。
なぜなら必ずどの学期でも、最大2人は提出しないことがわかったからだ。

つまり必ず、不良のうち2人は評価”1”であり、
私が”1”になることはありえないことになる。

 

しかし、予想外のことが起こった。
それは2年の2学期のことだった。

なんと不良Bが更生したのだ。

つまり表はこのようになる。

SnapCrab_NoName_2017-2-17_18-35-32_No-00

不良Bの2年の2学期以降を見て欲しい。
更生してしまったBは、毎回きちんと課題を提出することになるだろう。

その結果、2年の2学期、2年の3学期、3年の2学期、3年の3学期の4回が
レッドゾーンとなることが確定してしまったのだ。

SnapCrab_NoName_2017-2-17_18-36-43_No-00

つまりこの4回は、私が美術で”1”を取る可能性が非常に高いのだ。

そして、そのとおり私は美術で”1”を取ってしまったのだった。


会社をサボってマインドマップ

 

そのトラウマをかかえながら14年の歳月が過ぎた。

2006年。31歳になっていた。

2005年4月に「独立したい」と思い、本気で独立する方法を模索していた。

2005年12月には、初めての副業収入1450円を手にしていた。

翌月2006年1月には8000円
そして2006年2月には5万円の副業収入を得た。

プログラマだった私は、情報処理技術者試験の音声解説CDを自作し
それをネット販売していたのだ。

kakocd

『もしかして、ホントに独立できるかも?』

そんな期待が胸に広がっていた。

そして同時に「マインドマップを学びたい」と強く思うようになっていた。

マインドマップとは、このようなもので
神田昌典さんが日本に紹介してから一気に広まっていた。

9784484122205

神田昌典さんの本を読んで独立を決意した私は
神田昌典さんが広めようとしているマインドマップにとてお興味をもっていたのだ。

マインドマップで、自分の頭にある情報を整理していくと
どんどんと発想が生まれいく。

そんな魔法のようなツールだったのだ。

 

しかし2005年からたびたび自分で書いていたのだが
いまいちピンと来ていなかった。

そこで「よし!ピンと来よう!」と思い
東京までいって学びに行ったのだった。

2006年6月。
東京の日差しは、容赦なく私に降り注いでいた。


最後の出社とイラスト

 

2007年9月30日。
それが最後の出社日だった。

『もう2度と、スーツを来て、8時の地下鉄に乗ることはない』

副業で自信を持っていた私は、そう確信していた。

 

1年前に東京でマインドマップを学んでから、私は週に1度の割合で書くようになっていた。

中央にイメージを書いて、そこから放射状に線を書く。
ふんだんに色を使い、イラストを使い、とにかくワクワクしながら書くことで、どんどんと発想が広がっていくのだ。

楽しいと書きたくなり、思いもよらない発想が生まれたりもする。

その作業が楽しく、たしかに考えが整理でき発想も生まれた。

その結果、副業が比較的順調に進み1年後に独立することになったのだ。

 

ある日、夢を見た。

スーツは来ていなかったが、制服を来ていた。

1992年。
高校時代に戻っていた。

そして途中で更生してしまった不良Bが私に語りかけてきた。

イラストの無いマインドマップはマインドマップではない・・・と。


脳科学的なイラストの有効性

 

マインドマップに限らず、イラストは巨大な力を持っている。

人間の脳は左と右に分かれており、左脳は論理で右脳はイメージと言われる。

lgi01a201407300500
右脳は感情ともつながっており、右脳が刺激されると感情も動く。

つまりイラストを見ると、感情にダイレクトに働きかけるのだ。

 

文章は左脳で処理し、イメージ化のために右脳に引き渡される。

そのため文章が上手な人はその「右脳への引き渡し」がスムーズに行くように、上手な表現を使う。

小説家はそのプロであり、読んでいると思わず映画を見ているかのような興奮を覚える。

 

しかし文章は、まず「イメージ化しやすいように書く」スキルが必要でありこれが非常に難しい。

また読み手の常識に依存することも多い。
たとえば「冷蔵庫」と書いても、人によっては大型冷蔵庫だし、人によっては専門学校生の汚い家にあるような小さな冷蔵庫かもしれない。

 

また左脳で処理して、それをイメージ化する過程は
脳に負担がかかり、要するにかなり疲れる。

10分も集中して文字を読んでいると疲れてくるものだ。

しかし漫画を10分よんでもほとんどの場合疲れない。

そして映画。長い時で3時間以上見続けるが、少々疲れる程度で
文章を3時間読むのとは比較にならない。

dreamstime_xs_19085861

このように右脳にダイレクトに入ってくる「映像」情報は、伝わりやすく、そして記憶に残りやすく、感情を動かしやすいのだ。

 

またアウトプットも同じで、頭のなかにある事象を
いったん左脳に依頼して文章化するのは難しく、疲れる作業だ。

そのためイラストでインプットとアウトプットができる強みがかなり大きい。

いちいち左脳で文章化する必要がないためだ。

しかし当然のことながら”描くスキル”が必要だ。

少なくても美術で、不良のローテーションが崩れた瞬間に”1”をとるような人間には難しい。

『こんな強力な武器を、俺は一生身につけることができないのか・・・』


2014年 イラスト思考との出会い

 

2014年12月。
1通のメールが飛び込んできた。

「連絡くれないのね。怒ってるの?いますぐここにアクセスして!」というスパムメールの次に届いたメールの内容は、時間が止まるほどの衝撃だった。

それはマインドマップを日本に紹介した「神田昌典」さんの会社からだった。

 

もちろん直接届いたわけではなく、メルマガなのだがこんな件名だった。

『なぜ、今、イラストが注目なのか?新講座【イラスト思考】のご案内』

SnapCrab_NoName_2017-2-18_0-14-7_No-00

イラストを学べる講座・・・しかも神田昌典さんの会社ということは当然ビジネス向けだろう。

美術”1”の私には、絵を書くことはできない。
しかし「講座」というからには、「上手にガシガシ書けるということではなく、ビジネスに役に立つレベルにならなれるよ!」ということなのだろう。

水彩画のように難易度が高いものではなく、マジック1本でサササッと書く程度なら
ちょっと勉強すれば書けるようになるかもしれない。

しかも「イラスト思考」というタイトルということは、発想
つまりアイデアを形にするのにも使える印象をうけた。

「マインドマップをさらに強力にする」スキルであり、さらに「マインドマップの進化系」なのではないだろうか。

そんな期待とともに、メールを読み進めた。

 

以下、そのメールの抜粋。

()内は私の心の叫びである。


□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なぜ、ビジネスや教育の現場の
“結果”にこだわってきたALMACREATIONSが、
今、イラストに注目しているのか・・・!?

ALMACREATIONSの新講座企画
【イラスト思考講座】のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■■

プレゼンテーション、セールスレター、講座やコンテンツ、動画、
社内会議、ニュースレター、facebookやブログなどのSNS・・・

情報を発信するツールや手段が充実した今、

【目に止まる】【注目される】【感情を動かし、行動させる】

また、【伝わった】-【伝わらない】の差が、
あなたのビジネスの結果に直結する時代となりました。

(そうそう!イラストにはその力があるんだよね!)

多くの悩みが、

・商品やサービスの強み、
事実やデータを羅列するも記憶されない。

・自信のコンテンツにもかかわらず、
受講者や生徒の学習効果が低い。

・社員やメンバーに
ビジョンや想いが伝わらず浸透しない。

・社員やメンバーとの会議で、
突破口となるアイデアが欲しいのに、
「これだ!」というアイデアが浮かんでこない。

・文章術を学んで、
セールスレターや小冊子を
書いてみたものの、反応がない。

情報の発信者が増え、
溢れている中、これまで通りの伝達手法だけでは、

注目されない、、、
読み飛ばされる、、、
記憶されない、、、
ありきたり、、、

このような状況に拍車がかかってきています。

(かかってるよね!拍車!)

 

そんな時、自分のイメージやアイデア、相手のメリットや意図などを、「絵」にして、
相手の脳と心に優しく瞬時に届けることができる【イラスト】の力があれば、
とても、とても、パワフルな“共感”と結果を生み出してくれます。

(そうそう!ずっとそう思ってた!)

 

絵の苦手なビジネスパーソンの“誰しも”がイラストを描ける様になり、
そのポテンシャルを最大化させ、結果を生み出す新講座。

それが「イラスト思考」です。

(やっぱり!誰でも書けるようになるのか!美術”1”でも書けるのだろう!)

 

現に、イラストスキルがビジネスや
思考ツールに与える影響としては、
TEDのサニーブラウン氏の「落書きする人集まれ」でも語られ、
ビルゲイツ氏も重要な会議の最中、落書きしてアイデア練っていたともいわれています。

(ほぉー!落書きとなw面白い表現だなぁ。)

 

ドゥードゥル(落書き)というコンセプトは、
ファシリテーターの方々のあいだでは
かなり受け入れられています。

人を惹きつけるツールとして、LINEがなぜ
ここまで飛躍したかという理由に【スタンプ】が大きな影響を
及ぼしているのは言うまでもありません。

イラストは見た瞬間、瞬時にもたらしてくれる“感情”体験を
あなたのビジネスやコンテンツに乗せることで、
そのポテンシャルを何倍にも引き伸ばしてくれます。

(そうそう!右脳だよね!ウ・ノ・ウ!)

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
イラストを思考ツールにすることで得られる
7つのポテンシャルを引き上げる変化とは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

1.あなたのイメージをダイレクトに、瞬間的に「視覚化」できる(ビジュアライズ)

2.あなたの思考を見える化して、効果的に整理できる(シンキング)

3.プロジェクトを「絵」で構造化して把握・管理できる(マネジメント)

4.新しいアイデアや発想をドンドン生み出すことができる(クリエイション)

5.絵を使うことであなたのストーリーが共感を生みだす(コミュニケーション)

6.ビジュアルで多くの情報量を効果的に伝えることができる(プレゼンテーション)

7.チームや組織で、イメージを明確に共有できる(ファシリテーション)

 

(これはスゴイ!7つも!?((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル)

 

そして、イラスト思考を手にしたあなたは、

●ビジネスアイデアを考案中にイラストが描くことで、アイデアが創出される。
●企画の打ち合わせ時にサッと必要なイラストが描けイメージがズレなく共有できる。
●絵コンテが描け、サービスや商品を感情・ストーリーで伝えることができる。
●プレゼンやチラシでイラストを活用し、反応率があがり売上が上がる。
●自分だけ、自社だけのオリジナルイラストで共感を得られ、ブランディングにつながる。
●受講者にイメージがダイレクトに伝わり、言葉だけよりも共感してもらえる。
●文字だけでは無機質な印象だった資料にイラストを入れることで「あたたかみ」が出る。
●講座後、Facebook、ブログ、ホームページにイラストを投稿すると反応率があがる。
セールスレターに取り入れるとより読まれ、より大きな反響をえられるようになる。
●2015年の年間計画や目標にイラストを加え、視覚化させることができる

●ファシリテーション、教授法に独自性をもたせ、受講生の学びを深めることができる。
●ファシリテーション、教授法にエンタメをもたせ、評判を得られ、受講者ファンが増える。

このようにイラストが描ける様になり、ビジネス効果もすぐに実感でき、
周囲の反応が目に見えて変化することに、大きな喜びを感じることができます。

(そうだよね、そうだよね!イラスト思考 最高!)

▼新講座「イラスト思考」
イラストを思考ツールにすることで7つの新たな結果を生む(申込みは、コチラから↓)
http://○○○○○○○○○○

 


 

『やっぱりか・・・』

クリックしてみてガッカリする。
そう、開催は東京なのだ。

当たり前といえば当たり前だ。

「新講座のお知らせです」としておいて、まさか札幌で開催するわけはない。
当然、東京だろう。

まぁ行けなくはないが、なかなかタイミングが難しい。

「イラスト思考」のことは、頭の片隅に追いやられてしまい
それから2年が経過しようとしていた。


え!?出版!?

 

2017年1月。
1通のメールが飛び込んできた。

「LINEのIDを変えたよ(*^^*) こっちに友達申請して!IDはこれ!」というスパムメールの次に届いたメールの内容は、またまた時間が止まるほどの衝撃だった。

『イラスト思考書籍』を参加者全員にプレゼント!

SnapCrab_NoName_2017-2-17_19-30-17_No-00

ん?「全員プレゼント」の前に・・・「書籍」って?

ん??え!?

どうやらイラスト思考の本が発売になるらしいのだ。

 

16729666_1386279654756562_950742415_n

『やったー!』

東京の講座には「いつか行こう」と先延ばしにしていたのだが、本ならいつでも読める。

そして・・・本が出版されたということは・・・当然・・・

そう!

出版記念講演会があるということなのだ!

 

東京と名古屋では開催されるようなのだが、当然 札幌の予定はない。

そこで講演会主催経験が多い私が、立つことにしたのであーる!!

しかし・・・実はちょうど、3月11日神奈川県で合宿セミナーを開催することになっており
しばらく動けそうもないのだ。

header_inner

でも待てない!!

そこで主催探しが始まった。

まっさきに思い浮かんだのは「村田なちこ」さんだった。

彼女はとても才能があった。
まさに私が欲していた才能。そう!「手書きイラスト」なのだ。

彼女には、私の記憶が正しければ2度会っている。

これ!

12321230_1005397879506470_1526079499062636733_n

そしてこれ!

13029652_1027012790751828_3292166280041770726_o(1)

これ以外はたぶん会っていない。

しかしfacebookではとても目立つので
気がつくと気になる存在になっていたのだ。

なぜ目立つのか。

そう!手書きイラストをバンバン載せているからなのだ!

SnapCrab_NoName_2017-2-16_12-10-11_No-00

私の推測は正しい!
手書きイラストはfacebook投稿と物凄く相性がいいのだ。

もちろんそれだけではなく、ブログやtwitterでも目立つ。
動画時代と言われて久しいが、書きながら撮影すれば、物凄く好奇心が刺激される。

いわゆる「ホワイトボードアニメーション」というやつだ。

ネット配信と手書きイラストは最強のコンビなのだ!

 

現に2度しか会っていない村田なちこさんを
私は注目してしまっているのだから。

そしてドキドキしながらオファーをしたところ・・・
「ぜひやりたい!」ということだった。

そして我々の挑戦はスタートしたのだった。

おっと!肝心の、著者である松田純さんに依頼しないと!

「講演会!?嫌です。ていうか、あなた誰?」なんて言われないだろうか・・・

よかったこちらも快諾!

SnapCrab_NoName_2017-2-9_8-13-59_No-00

というわけで、一度も会わずにfacebookメッセージだけで打ち合わせを重ね
1週間の準備期間の末に、今日、募集を開始したのだった。

講演会の詳細と、お申込みはこちら!
※別ウィンドウで開くので、安心してクリックしてください!


人生を変える、イラスト思考の威力

 

イラスト思考は絶対にあなたの人生を変えます。

1.あなたのイメージをダイレクトに、瞬間的に「視覚化」できる(ビジュアライズ)

2.あなたの思考を見える化して、効果的に整理できる(シンキング)

3.プロジェクトを「絵」で構造化して把握・管理できる(マネジメント)

4.新しいアイデアや発想をドンドン生み出すことができる(クリエイション)

5.絵を使うことであなたのストーリーが共感を生みだす(コミュニケーション)

6.ビジュアルで多くの情報量を効果的に伝えることができる(プレゼンテーション)

7.チームや組織で、イメージを明確に共有できる(ファシリテーション)

 

 

Google、Apple、facebook、Amazon。
世界トップレベルのIT企業はみんな、ホワイトボードにイラストを書きながら会議をしています。

img_221180ac28524e23454494d24ae860f877106

過去の偉人でも、レオナルド・ダ・ヴィンチやアインシュタインなど、多くの発明家が
イラストを実際に書きながらアイデアを膨らませてきました。

5

日本でも・・・というか日本の方が、実はイラストを描いて考える文化があり
特に江戸時代には多くのイラストが残されました。

あるアメリカの著名人は「日本はもともとイラストの文化だ。漢字はイラストだし、アニメも世界一じゃないか」と。

ゴッホが浮世絵に影響を受けたことは有名ですが、日本人こそ、「イラストで考える」「イラストで伝える」ことに向いているのです。

Hiroshige_View_of_a_long_bridge_across_a_lake

では実際に会社で、上司がイラストで部下に説明したり
会議でホワイトボードがイラストで埋る場面など、見たことがありません。

私は31歳までプログラマでしたが、ホワイトボードといえば上司が部下に命令を書くだけのものでした。

もちろんテキストです。

見るだけでなにかワクワクするようなホワイトボードなど、見たことがありません。

1

文字で「5月13日までに設計書を納品する。担当:山田」とかの羅列に
いったい誰がワクワクするのでしょうか。

仕事はワクワクしながらやったほうが、効率がいいことはわかっているはずです。

ですから私は、「イラストで考える」「イラストで伝える」メソッドが
これからの仕事術として重要になってくると思っています。

以下の2つのセミナーの参加をご検討ください。
長文お読みいただきありがとうございます。

■3月14日(火)
18時から21時 かでる27 一般向け
>>詳細とお申込みはこちら

■3月15日(水)
13時から18時 プラット22 起業家向け(高額です)
>>詳細とお申込みはこちら

 

集客とストーリー性についての意外な関係。

集客とストーリー性について。

これほどまでに密接な関係があるとは・・・!

樺沢紫苑講演会 × 山口拓朗セミナー

みなさん、ありがとうございました!

1月15日 樺沢紫苑 出版記念講演会

1月16日 山口拓朗 出版記念セミナー

 

怒涛の2Daysが終了しました!

 

DSC00292DSC00404

一見するとスムーズに進んだかのような両イベント。

しかしそのうらでは、アクシデントの連発だったのでした・・・。


 

7月8日。

地元が札幌である樺沢さんが、帰郷した際に
一部の仲間とともに飲みに行きました。

2016-07-08 22.14.36
その席上で「勉強法の本が秋に出版になる」ということで
札幌で出版記念講演会を開催する話になったのでした。

↓は「さていつにしようか・・・」の図。

13663526_1164911156898701_93389810_o

出版記念講演会は、利益が出るイベントではありません。

参加者全員に新刊をプレゼントするので
利益は物凄く低いのです。

そのため会場の選択肢は非常に少なく
「エルプラザ」か「かでる27」のどちらかじゃないと厳しいのです。

かでる27は安いし融通が聞くのですが、エルプラザは立地がよく綺麗。

さてどうしようか・・・。


 

1年前。2016年2月。

「覚えない記憶術」の出版記念講演会を主催。
かでる27でした。
DSC01872

6週間前に募集を開始し、わずか3週間で200名満席に。

席に余裕があれば300人を目指してもよかったのですが
かでる27の大ホールは、210名しか入ることができません。

泣く泣く3週間前で募集を締め切ったのでした。

 

「募集を締め切る」

その苦い思い出があったために
かでる27ではなく、320名まで入ることができる
エルプラザを選択しようと決めたのでした。


最初にエルプラザを使ったのは、2015年9月の講演会でした。

こちらは220人が参加し、大いに盛り上がりました。

DSC0096114.fw
舞台袖があるだけでも、いろいろやりやすく
ここで成功させたいという思いがありました。


時は戻り2016年。

11月13日(日)にエルプラザのホールを確保することができました。

エルプラザはとても競争が激しく、なかなか取ることができません。

7月末にも関わらず、11月の土日はもうほとんど埋まっていたのでした。

 

理想は土曜日でした。しかし・・・空いていない・・・。

まったく空いていないのです。

 

しかたなく日曜日にしたのですが、不安は残りました。

11月13日、出版記念講演会が決定した瞬間でした。

 

しかし「勉強法」本の出版が、11月から翌年(2017年)1月に変更になってしまいました。

 

11月13日に借りた会場をどうするか・・・

1.キャンセルする

2.何かのイベントを行う

 

樺沢さんと協議した結果、「せっかくなので何かやろう」ということになりました。

SnapCrab_NoName_2017-1-18_6-55-48_No-00

そこで私からは「動画活用セミナー」を提案し、それで行くことになったのです。

SnapCrab_NoName_2017-1-18_6-57-20_No-00

2016年8月31日のことです。

 


 

急遽決まった11月13日セミナー。

さっそく準備に入ります。

1113header

しかし・・・集客できない!

1週間前まで80人という状況で焦ります。

28

そんな最中、仕事で東京に行くことが決まります。

せっかくなので、東京の友人に声をかけ飲み会を開催。

14910390_1268658856523930_9182887877376592284_n

その場で、以前に何度か仕事をさせていただいた「山口拓朗」さんに「札幌で文章力セミナーを開催したい」ことを伝えます。

ちょうど新刊の出版が迫っていたので「出版記念セミナー」と題し、1月に開催できたらという話になったのでした。

DSC09911

私は1月15日に出版記念講演会の主催があるので、大きく関わることはできません。

「まずは主催者探しから」ということになります。

そこで何人かにあたり、小川裕美さんが受けてくれることになったのでした。

 


 

苦戦していた集客ですが、ラスト1週間で一気に増えます。

 

そして当日。150人が参加してくれ、大盛況で終えることができました。

el2c8339-mov-04_21_07_16-still001EL2C8300.MOV.04_06_26_20.Still001 EL2C8306.MOV.04_10_28_02.Still001 EL2C8332.MOV.04_15_13_24.Still001

このときにはもう、1月15日に出版記念講演会を開催することは決定していたため、会場でチラシを配りました。

そしてその場で出版記念講演会の受付も行いました。
「30人から申し込みをもらう」という目標でしたが、残念ながら11人。

少しばかり焦りますが、開催は7週間後に迫っています。すぐに準備を開始しなければなりません。

 

2月のときは6週間前から募集を開始。ですからあまり時間が無いのです。

ランディングページを制作し、6週間前から募集を開始。

ムダにならない勉強法_チラシ_下版 (1)


 

1月6日に開催された東京での講演会は200名満席。大成功だったようです。

004

開催はその1週間後。しかし・・・またまた80名程度しか申込がありません。

ヤバイ・・・^^;

しかしまたまたそこから申込が伸び、130名の方にお越しいただくことができたのでした。

DSC00292DSC00278 DSC00284

目標には及びませんでしたのでそこは反省点ですので、次に活かそうと思います。

しかし成功もありました。

それは樺沢塾の申込。

樺沢さんが主催している、月額制の会員サービスがあるのですが、その申込がかなり多かったこと。

そして、翌日に開催された、山口拓朗さんのセミナーへの集客が出来たことでした。


 

山口拓朗さんのセミナーは、午後の部と夜の部とがあります。

午後の部は直前まで2名で、こちらも焦っていたのですが、3日前から申込が入り始め、9名に。

お一人がキャンセルになったのですが、7名の方に来てもらうことができました。

DSC00332

さらに夜の部は、30名。

前日の講演会で告知したことで7人ほどが参加してくれました。

DSC00404

小川さんは初主催で大変だったと思いますが、学びも大きかったかと思います。


 

いつもそうですが、たくさんの方の協力がありなんとか終えることができました。

参加してくれた方、紹介してくれた方。

本当にありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LightStrike360は詐欺? 700ルーメンで12,500円は高すぎる!

LightStrike360というライト。

 

 

SnapCrab_NoName_2016-5-10_22-44-47_No-00

 

SnapCrab_NoName_2016-5-8_1-2-2_No-00

 

正確な詐欺の定義からは外れるかもしれません。
なのでご自身で判断を。

まず絶対に買ってはいけません!
そして「勉強になる」ですw

そう!マーケティングの勉強になります。

この2つの観点から考察していきます。

まず「買ってはいけない」について。

これ高すぎます!

lite2

”死ぬほど明るい!!”を売りにしてますよね。

防犯として使える。暴漢の顔に向ければ目がくらむ。
そして当て続けると失明するとも。

それだけ聞くと「凄い技術だ!!」と思ってしまいますが、しかし

同じような明るさのライトは、もっともっと安く買うことができます!!

ではいくらで買うことができるのか? 2000円くらいw

12500円で売られている「LightStrike360」は、実はその6分の1の値段で買うことができます。

『ホント!?』

はい。

「明るさ」の単位は「ルーメン」です。
この軍用ライトと言われている「LightStrike360」は700ルーメン。

確かに明るい!

暴漢の顔に当てようものなら、確かに怯みます。

しかし700ルーメン程度であれば、Amazonでも売ってます。

こちらは800ルーメン。
2156円。

むしろ明るいw

しかしこれだけだと「高すぎる!」だけの話です。
いや、もしかしたらサポートがしっかりしており、12500円の価値を感じてもらえるのかもしれません。

しかし・・・そうじゃないんです。

コレは海外の方がレビューしているのですが、どうやらX800とかいう別のライトと内部構造が同じらしいのです。

X800は2000円以下とか。

つまり2000円でX800を買い、それに部品をつけて、置き換えて、LightStrike360として売っているのです。

 

軍用技術を使って、暴漢を撃退とか言われると思わず買いたくなりますが、冷静に判断することが必要ですね。

 

そしてマーケティングに役立つという観点ですが・・・この「軍用技術」と「防犯」というのが秀逸です。

このライト。そもそもはX800でして、普通のライトとしての用途です。それをこの販売会社が「眩しい!こんなに眩しいのなら、暴漢撃退にも使える!防犯グッズとしよう!」と思いついたわけですね。

まったく同じ商品でも、求めている人にとっては別な価値がある。

そして「恐怖心」を煽ることができる使いみちだと、セールス効果も絶大です。
マーケティングの本質でもありますが、こうまで見事な例は初めてみました。

 

ライトが明るいことを、まさか「暴漢撃退!」にもっていくとはw

 

とはいえ、同じ明るさでも2000円で買えるのでご注意を!

lite1

YouTube広告は効果があるのか?あるでしょ(断言)

YouTube広告。
誰しも目にしたことがあると思いますが、動画がスタートする前に表示されるアレです。
画面右下に「スキップ」とかリンクがあって、押すと本来の動画が始まる仕組み。

あれは正式には「インストリーム広告」といいます。

「ストリーム」は「流れる」という意味で、その中に広告を入れるので「インストリーム」かな?
実態は不明です。

SnapCrab_NoName_2014-9-18_8-54-58_No-00

 

また「インディスプレイ」という広告もあります。

これはGoogleアドセンスにかなりイメージが近いです。検索結果の一番上に、実感だと1つか2つ表示されます。

SnapCrab_NoName_2014-9-18_8-56-25_No-00

 

YouTube広告にはこの2つがありますが、私は両方共試したので、その実感をお伝えします。

 

まず、再生数は広告で簡単に稼げます。

平均、1再生3円が相場です。

もちろん今後、動画を出稿する人が増えてきたらこの金額は上がってくるでしょう。
3円なのは今だけです。

 

上記の言い方からわかるとおり、YouTube広告は再生されることで初めて課金されます。

インストリーム広告は強制的に再生されますが、15秒を超えた時点で3円が発生します。

多くの人が右下のボタンで「スキップ」していますが、あれを押しても広告主は痛くも痒くもありません。0円です。

 

インディスプレイ広告は、広告をクリックして再生が始まった時点で3円発生です。

 

ではどちらが効果があるのか?私の実績を一緒に見て行きましょう。

SnapCrab_NoName_2014-9-18_9-1-28_No-00

 

一番上から見ていくと

・インディスプレイ広告だけでした。約25万回広告が表示されて、そのうち1100人が広告をクリックしたようです。最後まで見てくれたのは17%くらい。人数でいうと187人。
※「動画が再生された長さ」の「100%」欄は無視できると思います。5秒前に再生をやめた場合も「最後まで見た」と判断していいと思うのですが、この場合「100%」欄にはカウントされていないためです。

 

・インディスプレイとインストリームの両方です。インディスプレイは20万回表示され、インストリームは700回です。 そのうち課金対象となった、つまり「インディスプレイの場合には再生開始、インストリームの場合には15秒経過」したのは700人です。この700人の内訳は不明です。最後まで見てくれたのは12%で85人程度でした。

 

・インディスプレイ広告のみで、10万回表示されました。700人が動画を再生し、27%の人が最後までじっくり見てくれています。
さっきより「動画が再生された長さ」が長めですが、これは動画の種類やクオリティによります。
この動画は時間をかけて、わくわくするようなプロモーション動画にしました。やはり効果はできるようです。

 

以上の経験から私は次の結論を出しました。

 

  • インディスプレイ広告がよい。インストリーム広告は、無理やり”最低でも5秒”は見させるため、場合によっては反感を買うことがある。また「スキップし忘れ」でたまたま15秒を超えて再生されることもあるが、その場合でも課金されてしまう。

その点、インディスプレイ広告は、わざわざ自分からクリックしないと再生されないため、本当に興味がある人だけが見ていると言える。
現に、インストリーム広告よりも、インディスプレイ広告の方が、閲覧時間が長い。

 

  • 出稿する動画のクオリティをまずあげる。適当に作った動画ではなく、ワクワクドキドキするような動画とし、閲覧してもらえる時間を延ばすように努力する。たとえば最後まで30%の人が見てくれたとすると、15%まで見てくれた広告に比べて2倍の費用対効果が得られたと考えることができる。

広告の成果が出なかった場合にはいったん出稿を止めて、クオリティの向上を検討する。

 

 

 

どんな動画だとYouTubeマーケティングが成功するのか?

「作りたい動画がある」

そんな発想では少なくても「ビジネス活用」という観点からは「無理」となってしまいます。

もちろん趣味で動画を投稿し、広告料を得るというモデルであれば全然問題ないでしょう。そもそも好きでもないことを続けるなど地獄です( 一一)

しかしあなたがすでにビジネスを行っており、それを拡充するのにYouTubeを使いたいということであれば、以下のポイントを頭に入れたうえでYouTube動画を作るべきです。

そのポイントとは・・・

その動画を見ることで深い悩みが解決できるか?

ということです。

ビジネスの目的は、細かい違いはあれど原則として「悩みの解決」です。人が抱えている悩みがあり、それを解消し、対価としてお金をいただくわけです。これが企業活動になるわけです。

ですからセールスとは「悩みが解決できることを伝える」と言えるでしょう。
その対価であるお金、すなわち「価格」が適正であれば取引成立です。

あなたのYouTube動画がたくさん再生されるためには、同じく「悩みの解決」が可能である必要があります。

 

確かに動画を見るのは無料です。しかしたとえば3分の動画であれば3分の、10分の動画であれば10分の貴重な時間を消費するのです。それなりに動機づけが必要なのは当然でしょう。

 

あなたの動画(もしくはチャンネルのコンセプト)は、「悩みを解決できる」ものになっていますか?

自己満足の動画にはなっていませんか?

 

YouTube動画には3つの集客上のメリットがある

YouTubeをただの「動画置き場」として使っている人も多いかと思います。

実は私もそうでした(^^;

しかし2013年からユーチューブは急速に「ソーシャルメディア化」していき、「動画置き場」としてだけ使う方法は非常に持っていないことに気づきました。

 

2013年までの使い方はこうでした。

 

■プロモーション動画を作成する

■自社のホームページに埋め込む

 

2013年以降は、このような使い方が効果的になっています。

 

■ユーチューブを回遊している人に見てもらう。

■Google検索から来てもらう。

 

つまり、新規顧客を見つけやすくなったということなのです。

自分のサイトに埋め込んだ場合、それはあくまで「自分のサイトに来た人が、たまたま動画を目にする」だけの話です。

しかしソーシャルメディア化したYouTubeにおいては、まだ一度もあなたを見たことがない人に「動画だけ」を見てもらうことができるのです。

この「新規」と「動画だけ」というのは非常に重要なポイントです。

 

上記を整理するとこのようなメリットがあることになります。

 

  1. YouTubeで、新規に見込み客を獲得できる
  2. Googleから、新規に見込み客を獲得できる
  3. 動画から自社サイトに来てもらうことができる

 

これを図にすることこんな感じです。

SnapCrab_NoName_2014-9-10_11-21-42_No-00

 

いますぐYouTubeをやるべき理由がお分かりでしょうか?

 

 

 

 

 

 

Return Top